セキュリティ・バイ・デザイン

セキュリティ・バイ・デザインとは、システムやソフトウェアの開発プロセスの初期段階から、セキュリティを考慮した設計を行うことを指します。これにより、セキュリティ上の脆弱性やリスクを最小限に抑えることができます。

セキュリティ・バイ・デザインでは、開発者はシステムの機能や性能だけでなく、潜在的な脅威や攻撃手法を理解し、それらに対する対策を取り入れることが求められます。これには、プライバシー保護、アクセス制御、データ暗号化、ログの取得、セキュリティアップデートなどが含まれます。

セキュリティ・バイ・デザインの考え方は、開発過程でセキュリティ対策を後付けで行うよりも効果的であり、システム全体のセキュリティレベルを向上させることができます。また、開発コストや運用コストの削減、システムの信頼性や信用性の向上にも繋がります。

※総務省『国民のためのサイバーセキュリティサイト』(https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/cybersecurity/kokumin/index.html)を加工して作成

コメント