スケジューリング機能(スケジューリング・きのう)

スケジューリング機能は、オペレーティングシステム(OS)やアプリケーションに組み込まれているタスク管理機能で、特定の時刻に自動的にプログラムや機能を実行するように設定するためのものです。この機能により、一定の時間間隔で繰り返し実行されるタスクや、特定の日時に実行されるタスクを自動的に管理できます。

スケジューリング機能は、システム管理者がメンテナンス作業を計画し、定期的にバックアップやデータ同期を実行するために役立ちます。また、定期的なレポート作成やアップデートのダウンロード、メール送信などの業務タスクにも使用されます。

スケジューリング機能は、Windowsでは「タスクスケジューラ」、Linuxでは「cron」などのツールを使って設定できます。これらのツールは、タスクの実行時刻や実行間隔、実行するプログラムやコマンドを指定して、自動化されたタスク管理を実現します。

※総務省『国民のためのサイバーセキュリティサイト』(https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/cybersecurity/kokumin/index.html)を加工して作成

コメント