ペネトレーションテスト

コンピュータやネットワークのセキュリティを評価するために、権限を持った専門家が意図的に攻撃を行って脆弱性を探すテストのことをペネトレーションテストと呼びます。

ペネトレーションテストは、悪意のある攻撃者と同じ手法を使用してシステムを攻撃し、セキュリティ対策が十分に機能しているかどうかを確認します。また、見つかった脆弱性を修正することで、セキュリティを向上させることが目的です。

通常、ペネトレーションテストは外部の専門家が実施しますが、内部のセキュリティ専門家が実施することもあります。ペネトレーションテストの範囲は、Webアプリケーションやサーバー、ネットワーク機器など、対象とするシステムによって異なります。

セキュリティ対策は、日々進化する脅威に対応するために定期的な更新が必要です。ペネトレーションテストを定期的に実施することで、新たな脆弱性を発見し、適切な対策を講じることができます。

※総務省『国民のためのサイバーセキュリティサイト』(https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/cybersecurity/kokumin/index.html)を加工して作成

コメント