DVD+RW(ディー・ブイ・ディー・プラス・アール・ダブリュー)

DVD+RW(ディー・ブイ・ディー・プラス・アール・ダブリュー)は、DVDの記録形式の一つで、データを何度も書き込み、消去、書き換えることができる再記録可能な光ディスクメディアです。

DVD+RWは、一度のみ書き込みが可能なDVD+R(ディー・ブイ・ディー・プラス・アール)と同様に、4.7GBのデータを保存することができます。また、DVD-RW(ディー・ブイ・ディー・マイナス・アール・ダブリュー)という別の再記録可能なバージョンもありますが、DVD+RWとDVD-RWは異なる技術を使用しているため、両方のディスクをサポートするDVDプレーヤーやレコーダーが必要です。

再記録可能なメディアであるDVD+RWは、一度のみの書き込みが可能なDVD+Rよりも柔軟な用途に使われます。例えば、一時的なデータ保存や、繰り返し更新が必要なデータのバックアップなどに適しています。

ただし、現在では、DVDメディアは徐々にブルーレイディスクやオンラインストレージに取って代わられているため、使用頻度が減ってきています。

※総務省『国民のためのサイバーセキュリティサイト』(https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/cybersecurity/kokumin/index.html)を加工して作成

コメント